2017年7月12日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第15週第87話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第15週は『恋、しちゃったのよ』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第87話の内容

助川時子(佐久間由衣)が『あかね荘』にしばらく住むことになったので、竹内邦子(白石美帆)が経営する『月時計』のバーで歓迎会を開くことになりました。

 

島谷純一郎(竹内涼真)新田啓輔(岡山天音)坪内祐二(浅香航大)久坂早苗(シシドカフカ)と一緒に中へ入ろうとすると、メガネをかけた女性が島谷に話しかけました。

 

その女性は、ビートルズのチケットをもらった人物でした。

 

島谷に礼をいうと、去っていきます。

 

ただ、『あかね荘』の住人たちは気まずい雰囲気になります。

 

何故なら、みね子がビートルズのチケットを入手するために苦労していたからです。

 

だからこそ、島谷はみね子にその説明をしました。

 

親の力で簡単に手に入った自分が恥ずかしいこと、そんな人間だとみね子に思われたくないこと・・・。

 

それは明らかに、みね子を意識している発言でした。

 

それを久坂早苗たちに指摘され、島谷はその勢いのまま告白してしまいます。

 

本当なら、みね子も同じ気持ちでした。

 

しかし、とっさに実(沢村一樹)の顔が思い浮かんでしまいます。

 

それを察した時子は、「みね子は幸せになっていいんだよ」と背中を押しました。

 

こうして、はれて2人は恋人同士になったのです。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第87話の感想

みね子の相手役は、島谷となりました。

 

このまま、幸せが続くといいですね。

 

ただ、みね子は苦い失恋を経験するとも紹介されていますので、もしかすると家の格差が問題となるかもしれません。

 

もちろん、その失恋の相手が島谷かどうか定かではないので、今後の展開が気になるところです。(失恋は綿引だったという説もある)

 

朝ドラ『ひよっこ』第15週の第88話は7月13日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

【菅野美穂】ひよっこ朝ドラで川本世津子の女優役を熱演!モデルは存在するのか?

実お父さんの失踪が記憶喪失である可能性大!

竹内涼真がひよっこの島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎がひよっこの柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

朝ドラ『ひよっこ』のモデルは1964年の若者たち!集団就職とは、いつからいつまで続いたものなのか?

スポンサーリンク