2017年7月14日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第15週第89話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第15週は『恋、しちゃったのよ』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第89話の内容

島谷純一郎(竹内涼真)とデートの帰り際、島谷の友人と遭遇しました。

 

「島谷の彼女?」と尋ねられると、みね子はなんと答えていいか分からず、俯いていました。

 

すると、島谷は「彼女は恋人だ」と即答しました。

 

ただ、みね子が大学生ではないことを知ると、友人たちは意外そうな顔をしていました。

 

立ち去ったあと、みね子は島谷に謝りました。

 

自分が島谷と同じ身分ではないので、恥ずかしい思いをしたのではないかと思ったからです。

 

すると、島谷は少し興奮気味に否定しました。

 

父親が失踪したみね子が不幸な子ではないことと同じように、自分がお金持ちの息子だからといって優れた人間ではない・・・そう断言したのです。

 

みね子は、とても素敵な人に出会えたことを嬉しく思いました。

 

それと同時に、不安にもなりました。

 

幸せだと思えば思うほど、今の幸せがなくなる不安がよぎったからです。

 

アパートに戻ると、恋人の報告をしていた母親の美代子(木村佳乃)から手紙が届いていました。

 

そこには、何があっても『相手を信じること』が書かれていました。

 

美代子にとっては、実(沢村一樹)のことを思い浮かべているようでした。

 

 

次の日。みね子は牧野鈴子(宮本信子)朝倉高子(佐藤仁美)に、島谷のことを報告しました。

 

島谷が素敵な男性ということは知っていたので、誰もが祝福しました。

 

祝福したあとで、それでも鈴子は「みね子、大丈夫かい?」と声をかけたのです・・・。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第89話の感想

まさか、こんなに早く不穏な空気が漂うとは思いませんでした。

 

鈴子は、この恋がダメになる可能性をすでに理解しているようです。

 

さらに、大家の立花富(白石加代子)も島谷を個別に呼び出すなど、みね子にとっては良くない話がされる雰囲気がありました。

 

明日には、その内容が分かってしまうでしょう・・・。

 

朝ドラ『ひよっこ』第15週の第90話は7月15日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

【菅野美穂】ひよっこ朝ドラで川本世津子の女優役を熱演!モデルは存在するのか?

実お父さんの失踪が記憶喪失である可能性大!

竹内涼真がひよっこの島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎がひよっこの柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

朝ドラ『ひよっこ』のモデルは1964年の若者たち!集団就職とは、いつからいつまで続いたものなのか?

スポンサーリンク