2017年4月11日に放送された連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第2週第8話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第2週は『泣くのはいやだ、笑っちゃおう』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第8話の内容

角谷三男(泉澤祐希)は、助川時子(佐久間由衣)を呼び出します。

 

時子は「三男の気持ちは分かるけど・・・」と振る気でしたが、話を聞くとどうやら違うようです。

 

隠れて見ていた谷田部みね子(有村架純)もつまらなそうに出てきて、三男の話を聞きます。

 

なんと、奥茨城村でも聖火リレーをやりたいと言い出したのです。

 

正式な聖火リレーは、日本全国を周ります。

 

茨城も通りますが、ルートは下館→水戸→土浦となっており、奥茨城村には近づきません。

 

だからこそ、奥茨城村だけで聖火リレーをやりたい・・・三男はそう言うのです。

 

「なんで聖火リレーをしたいの?」

 

時子にそう尋ねられると、三男は「自分が奥茨城村にいた証を残したい」と言いました。

 

三男も来年には上京し、いつ故郷に戻ってこれるか分かりません。

 

心残りがないよう、思い出を作りたいようです。

 

その熱い想いを聞き、みね子と時子はようやく納得し、実行しようということになります。

 

しかし、その後はまったくのノープランでした。

 

とりあえず、大人に相談してみようということで、みね子の祖父である茂(古谷一行)に話を聞くことになります。

 

茂いわく、そういう話は村の議会に通す必要があると言います。

 

理由は、予算の問題です。

 

そして、それを管理しているのは、村長ではなく青年団だと言います。(村長は寝てばかりで論外らしい・・・)

 

青年団が予算を集めてくれる役割を担っているので、ここに頼めば大丈夫ということです。

 

青年団とは、高校卒業後の若者が務めている役職であり、昔はみね子の父親である実(沢村一樹)も団長というポジションにいたようです。

 

しかし、その話を聞くと、三男と時子は絶望的だと言います。

 

実は、三男の兄である角谷太郎(尾上寛之)が団長であり、時子の兄・助川豊作(渋谷謙人)が副団長でした。

 

太郎は三男の話をまともに聞くような兄ではありませんし、豊作は金にはケチな男でした。

 

「質問攻めにあっても、ちゃんと答えられるように計画を練っておくことだな」

 

茂は、そうアドバイスをしました。

 

 

次の日から、3人は聖火リレーについて、たくさん話し合いました。

 

3人にとっても最後の思い出になるので、話し合いは楽しみつつも、どこか真剣なものでした。

 

そんな中、谷田部家に郵便が送られてきました。

 

送られてきた・・・というより、戻ってきたのです。

 

谷田部実に送ったものが、転居先不明で送り返されたのです・・・。

 

続く。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第8話の感想

ドラマの冒頭、三男の話が告白ではないと知り、時子がふてくされる場面がありました。

 

これは、もしかすると恋愛に発展しそうなエピソードですね。

 

もっとも、時子は気が強いところがあるので、すんなりとは三男の恋が実ることはなさそうです。

 

そして、ついに物語が動き出しました。

 

みね子の父親が失踪しました。

 

原因として疑わしいのは、前回の放送であった『スリ被害』だと思います。

 

谷田部実の身にも、何かあったのかもしれません・・・。

 

それを聞き、みね子はどういう決断をするのか、注目ですね。

 

朝ドラ『ひよっこ』第2週の第9話は、4月12日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

360°ビューの使い方!ひよっこの谷田部家やおねしょ布団が見渡せる

ひよっこのツイッターより有村架純スタッフのツイッターも要チェック!

ガチョーンの意味や使い方は?谷啓のギャグは昭和で大流行

宗男(峯田和伸)がひよっこのキーマンになりそうな予感!変なおじさんではない?

【南海キャンディーズしずちゃん】ひよっこで小祝滋子のキャストとして登場!

スポンサーリンク