2017年7月15日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第15週第90話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第15週は『恋、しちゃったのよ』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第90話の内容

みね子は、牧野鈴子(宮本信子)に心配されていました。

 

島谷との恋は、身分の違いで苦しむのではないのかと思ったからです。

 

しかし、みね子は島谷を信じていました。だから大丈夫だと言いました。

 

一方、島谷純一郎(竹内涼真)も大家の立花富(白石加代子)に同じ質問をされていました。

 

立花はかつての職業柄、実らない恋をたくさん見てきたからです。

 

だから、月1でかかってくる電話にみね子のことを言ったほうがいいのか?と尋ねてきたのです。

 

島谷は「母には、自分から話します」と答えました。

 

その夜。帰ってきたみね子に、島谷は佐賀の実家に帰ることを告げました。

 

帰る内容は知らせず、茨城にも寄りたいと楽しい会話を弾ませていました。

 

2人は、本当に幸せそうでした。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第90話の感想

来週、何かしらの答えが出るかもしれませんね。

 

みね子と島谷、とてもお似合いなのですが・・・どうなるでしょうか?

 

また、ついに永井愛子(和久井映見)がみね子の前に現れました。

 

しかも、その理由は一目惚れのようです。

 

朝ドラ『ひよっこ』第15週の第91話は7月17日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

【菅野美穂】ひよっこ朝ドラで川本世津子の女優役を熱演!モデルは存在するのか?

実お父さんの失踪が記憶喪失である可能性大!

竹内涼真がひよっこの島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎がひよっこの柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

朝ドラ『ひよっこ』のモデルは1964年の若者たち!集団就職とは、いつからいつまで続いたものなのか?

スポンサーリンク