2017年7月18日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第16週第92話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第16週は『アイアイ傘とノック』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第92話の内容

角谷太郎(尾上寛之)助川豊作(渋谷謙人)は、息抜きで東京へやってきたようです。

 

本当は角谷三男(泉澤祐希)に会う予定ではなかったのですが、やはり兄として気になってしまい、寄ってしまったのです。

 

安部善三(斉藤暁)の計らいで、太郎たちと食事をしてくるように言われた三男は、『すずふり亭』を訪れることにしました。

 

そこで助川時子(佐久間由衣)とも再会し、奥茨城の住人たちは仲良くお喋りを楽しみました。

 

帰り際、太郎は『すずふり亭』の従業員たちに頭を下げ、「こいつらは奥茨城の宝物なんです。これからもよろしくお願いいたします」と言ったのでした。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第92話の感想

最近は、あちこちに恋愛の兆しが出始めていますね。

 

愛子と省吾の次は、まさかの太郎が朝倉高子(佐藤仁美)に一目惚れしていました。

 

どうなっていくのか、気になるところですね。

 

そして、明日は島谷とみね子が話をするようです。

 

穏やかな話なら良いのですが・・・。

 

朝ドラ『ひよっこ』第16週の第93話は7月19日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

【菅野美穂】ひよっこ朝ドラで川本世津子の女優役を熱演!モデルは存在するのか?

実お父さんの失踪が記憶喪失である可能性大!

竹内涼真がひよっこの島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎がひよっこの柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

朝ドラ『ひよっこ』のモデルは1964年の若者たち!集団就職とは、いつからいつまで続いたものなのか?

スポンサーリンク