2017年7月21日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第16週第95話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第16週は『アイアイ傘とノック』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第95話の内容

牧野由香(島崎遥香)は、柏木ヤスハル(古舘佑太郎)にちょっとした用があったので、喫茶店『白猫』で待っていました。

 

すると、隣りの席で島谷純一郎(竹内涼真)が島谷の父親と話をしているのが聞こえてきました。

 

由香にとってはどうでもいい話だったのですが、「谷田部みね子さんとお付き合いをしています」という言葉が聞こえたので、嫌でも興味が沸いたのでした。

 

どうやら、新薬を作るためにはお金を出してくれるスポンサーが必要らしく、とある企業のお嬢さんとの縁談があるようなのです。

 

つまり、その話がなくなれば、会社は倒産の危機に迫られることになるのです。

 

2人が去ったあと、由香はいてもたってもいられず、すずふり亭にいるみね子に会いに行き、忠告することにしたのです。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第95話の感想

スタンダードでありつつも、最も断りづらい縁談という題材を持ってきましたね。

 

これは、島谷も断れないと思います。

 

ちょっと失恋のタイミングが早すぎる気もするので、惜しまれる週となりそうです。

 

どうやら、島谷ロスが近づきつつあるようです・・・。

 

朝ドラ『ひよっこ』第16週の第96話は7月22日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

【菅野美穂】ひよっこ朝ドラで川本世津子の女優役を熱演!モデルは存在するのか?

実お父さんの失踪が記憶喪失である可能性大!

竹内涼真がひよっこの島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎がひよっこの柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

朝ドラ『ひよっこ』のモデルは1964年の若者たち!集団就職とは、いつからいつまで続いたものなのか?

スポンサーリンク