連続テレビ小説『ひよっこ』でヒロインを演じることが決まった有村架純さん。

 

そんな大注目の有村架純さんが、今度は第67回紅白歌合戦の司会を務めることが決定しました。

 

スポンサーリンク

紅白歌合戦とは?

年末に開かれる国民的音楽番組であり、その年に流行ったアーティストが集結する夢の一夜です。

 

そして、出演者と同じくらいに注目されるのが司会者です。

 

司会者に選ばれるのは、NHK番組に深い関りがある芸能人が起用される傾向があります。

 

その中でも紅組は、朝ドラのヒロインが選ばれることが多々あります。

 

また、綾瀬はるかさんのように、大河ドラマの女優から選ばれるという珍しいパターンもあります。

 

相葉雅紀が司会に起用された理由

白組は、嵐の相葉雅紀さんが司会に抜擢されました。

 

嵐は、2010年から2014年にかけて、5年連続で司会を務めています。

 

そんな嵐ですが、今回はメンバーの1人である相葉雅紀さんのみが起用される形となりました。

 

実は、HNKのスポーツ番組『グッと!スポーツ』のMCを相葉雅紀が担当しています。(2016年4月からスタート)

 

その親しみやすいキャラクターがハマっており、番組は好調のようです。

 

番組で培ったリーダーシップで白組も引っ張ってもらいたい、というのが採用理由のようです。

 

gutto

『出典:公式サイト

翌年の朝ドラヒロインが選ばれたという番狂わせ

通例では、今年ブレイクした朝ドラヒロインが、紅白歌合戦のヒロインに選ばれていました。

 

2010年は『ゲゲゲの女房』でヒロインと務めた松下奈緒さんが、その年の紅組司会を任されました。

 

2011年には、『おひさま』ヒロインの井上真央さんが司会を務めます。

 

2012年は、『梅ちゃん先生』の堀北真希さん、2013年には『赤毛のアン』ヒロインの吉高由里子さんが選ばれています。

 

なので、2016年の紅白歌合戦には、『とと姉ちゃん』の高畑充希さんか、『ぺっぴんさん』の芳根京子さんが選ばれると誰もが予想していました。

 

ところが、2017年にヒロインを務める有村架純さんが、2016年の紅白歌合戦の紅組司会に抜擢されたのです。

 

NHK制作局エンターテイメント番組部・井上啓輔部長は、有村架純さんの起用について「『ひよっこ』のヒロイン谷田部みね子を務めるなど、旬の女優であり、そのフレッシュさで紅組を引っ張ってもらいたい」とコメントしています。

 

そして、もう1つの理由は今年のテーマに隠されているようです。

 

今年のテーマは『夢を歌おう』

第67回紅白歌合戦のテーマは、『夢を歌おう』となっています。

 

これは、東京オリンピック&パラリンピックを意識したテーマとなります。

 

オリンピックイヤーの前年となる2019年まで『夢を歌おう』のテーマを掲げ、すべての世代の夢を歌の力で応援する・・・というものとなります。

 

実は、『ひよっこ』は1964年を舞台にしたドラマとなります。つまり、最初の東京オリンピックの年です。

 

そのテーマに深く結びついている、『ひよっこ』のヒロインである有村架純さんを司会に迎えることは、ごくごく自然のことなのかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

有村架純さんは、紅白歌合戦の司会を務める意気込みを「私の人生で2度とない出来事」とコメントしています。

 

力不足ではありますが、与えられた仕事に感謝し、精一杯頑張りたい・・・とも語っています。

 

すでに、多くの仕事をこなし、日本アカデミー賞優秀主演女優賞などの賞も受賞されている有村架純さんだからこそ、巡ってきた大舞台なのでしょう。

 

有村架純さんがどんな司会を見せてくれるのか、期待しましょう。

 

注目トピック

【紅白歌合戦】2016年の出演者に宇多田ヒカル、オリラジ、ピコ太郎が内定

【有村架純】どうぶつ恋図鑑のショートムービーが可愛いと話題に

【有村架純】土屋太鳳との仲良しツーショットが公開

スポンサーリンク