女優の有村架純さんが主演を務める朝ドラ『ひよっこ』は、2017年度のドラマの中でも注目度が高い作品となっています。

 

そんな中、『ひよっこ』のエキストラの募集が開始されました。

 

撮影場所は茨城県の高萩市、大子町、常陸太田です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』エキストラの心構え

『出典:オリコン

ドラマのエキストラは、当選したからといって気軽な気持ちで撮影場所にいってはいけません。

 

しっかりと注意事項をよく読み、撮影を邪魔しない格好をする必要があります。

 

まして、『ひよっこ』は1964年の昭和を舞台にした作品です。

 

男性は黒髪で短髪です。長髪はNGとなります。

 

男の子は、坊主が厳守です。

 

女性は、化粧を一切してはいけません。すっぴんで向かいましょう。

 

女の子は、おかっぱ頭が厳守です。

 

ここまでは時代に沿った項目事項で、エキストラ共通の要件は長時間の撮影に耐えられる健康な体であること、現地集合、現地解散ができる方となります。

 

撮影場所や役柄は東京タワー、オリンピック観客か?

茨城県の撮影は、すでに終了しています。

 

残すは東京の撮影となりますが、おそらくは1964年の昭和を象徴する場所となりそうです。

 

となると、田舎出身者が東京のイメージとして持つのは、間違いなく東京タワーでしょう。

 

物語の設定だと、できてから6年しか経っていない頃となりますので、やはりヒロイン谷田部みね子や友人たちも行くと思います。

 

東京タワーの観光客役として、エキストラが募集される可能性は高そうです。

 

また、1964年は東京オリンピックが開催された年でもあります。

 

谷田部みね子がオリンピックを観戦するのなら、観客も必要になってくるでしょう。

 

ただし、こちらの場合は当時の映像を流される可能性もあるので、あまり期待しないほうが良いかもしれません。

 

とはいえ、オリンピックの熱気を表現するためにも、人混みが必要不可欠だと思いますので、老若男女のエキストラが募集されるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

一般の方がドラマの撮影に立ち会える機会は、そう滅多にあるものではありません。

 

しかも、注目度の高い朝ドラに出演できることは、普通の役者でも難しいことなのです。

 

エキストラとはいえ、とても名誉なことですので、ぜひチャンスがあればチャレンジしてみましょう。

 

もちろん、人気女優の有村架純さんを一目見ることも可能かもしれません。

 

注目トピック

有村架純は、何故ここまで人気が集まるのか?2016年の活躍まとめ

『ひよっこ』若手女優の出演予想!東京の下町美人役は誰なのか?

スポンサーリンク