連続テレビ小説『ひよっこ』のキャストが発表され、沢村一樹さんがヒロインの父親役として出演することが決定しました。

 

沢村一樹さんのプロフィールや、役の谷田部実について紹介します。

 

スポンサーリンク

沢村一樹のプロフィール

7

『出典:公式サイト

1967年7月10日生まれ、鹿児島県出身です。

 

ドラマではすっかりおなじみの俳優さんであり、主演も脇役もこなす素晴らしい方です。

 

そんな今の姿からだと想像できませんが、10代はとても苦労されてきたようです。

 

苦労の理由は、家庭の問題でした。

 

父親が家を出てしまい、残された1000万の借金を母親が働いて返したそうです。

 

どういう心境だったのかは分かりませんが、母親の強い勧めもあり、沢村一樹さんは芸能界を目指すようになります。

 

20歳のとき、上京を決意し、ファッションモデルとして活動を始めます。そして、目標は俳優でした。

 

上京した頃は住む家もなく、公園でホームレスをしていたそうです。

 

転機となったのは25歳のときです。雑誌『メンズクラブ』の専属モデルとなり、沢村一樹さんの知名度が上がり始めます。

 

目標だった俳優デビューとなったのは、『松田のドラマ』という作品でした。監督は、ウッチャンこと内田光良さんでした。

 

2000年には、前任者の辰巳琢朗さんから『浅見光彦シリーズ』を引き継ぎ、主演を任されます。

 

『浅見光彦シリーズ』は現在も続いている人気ドラマであり、現在は速水もこみちさんがあとを引き継いでいます。

 

沢村一樹の出演ドラマや映画

沢村一樹さんは、ちょい役から主要人物までこなす俳優さんです。

 

一部ではありますが、ご紹介します。

 

ドラマ

1997年 理想の上司

1998年 Days

1999年 救命病棟24時

2000年 ショムニシリーズ

2000年 できちゃった結婚

2002年 ごくせん

2003年 白い巨塔

2004年 ワンダフルライフ

2004年 オレンジデイズ

2005年 雨と夢のあとに

2006年 CAとお呼びっ!

2007年 今週、妻が浮気します

2010年 夏の恋は虹色に輝く

2014年 ブラック・プレジデント

2015年 ナポレオンの村

 

映画

1997年 恋は舞い降りた。

2006年 7月24日通りのクリスマス

2006年 椿山課長の七日間

2009年 カンフーを待ちあびて

2009年 ごくせん THE MOVIE

2009年 山形スクリーム

2010年 十三人の刺客

2011年 こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ~

2011年 サラリーマンNEO 劇場版(笑)

2013年 遺体~明日への十日間~

 

沢村一樹の性格、人柄

バラエティにも数多く出演している沢村一樹さんは、男前だが下ネタの多い男性、として有名です。

 

それでもテレビ番組では抑えているほうらしく、ドラマの現場で共演した女性大学生たちに、色々と大人の話を聞かせていたそうです。(ブラック・プレジデントで共演した黒木メイサさんの証言より)

 

逆を言えば、誰とでも打ち解け合うきっかけを作ることができる、大人の男性と言えるかもしれません。

 

2000年に結婚され、3人の男児に恵まれたパパさんでもあります。

 

スポンサーリンク

 

谷田部実の役どころ

『ひよっこ』のヒロイン谷田部みね子(有村架純)の父親役の谷田部実として、沢村一樹さんは演じます。

 

谷田部実は、村の農業を営む男性でしたが、不作の年で借金ができてしまい、東京へ出稼ぎにいっていました。

 

ところが、ある日を境に消息を絶ってしまうのです。

 

それが事故なのか故意なのかは分からず、谷田部一家は困惑するばかりです。

 

そのことがきっかけで、ヒロインの谷田部みね子は集団就職を決意し、茨城から上京することになるのです。

 

もしかすると、沢村一樹さんはこの役に、自分の父親を重ねるかもしれません。

 

難しい心境の中での演技となるのかもしれませんが、だからこそ見るものに訴えかける迫真の演技になることでしょう。

 

谷田部実の今後はどうなるのか、ぜひ注目してみてください。

 

注目トピック

【ひよっこ朝ドラ】キャスト峯田和伸がヒロインの叔父役『小祝宗男』

スポンサーリンク