連続テレビ小説『ひよっこ』の登場人物たちの相関図ページです。

 

詳細をクリックすることで、役柄だけでなく、俳優のプロフィールも閲覧することができます。

 

スポンサーリンク

目次

谷田部家

谷田部みね子(有村架純)

『ひよっこ』のヒロイン。父親が失踪したため、上京して家族を養うことを決意する。

プロフィールの詳細

谷田部実(沢村一樹)

みね子の父親。実家の農産業が不作で借金を作ってしまい、東京へ出稼ぎに行く。

プロフィールの詳細

谷田部美佐子(木村佳乃)

みね子の母親。夫の実が失踪してしまい、不安な毎日を送るが、子供たちの前では気丈に振る舞っている。

プロフィールの詳細

谷田部茂(古谷一行)

みね子の祖父。口数が少なく、開けば毒舌ばかりだが、家族のことを誰よりも想っている。

プロフィールの詳細

谷田部ちよ子(宮原和)

みね子の妹。弟である進の面倒を見るしっかり者。

プロフィールの詳細

谷田部進(高橋來)

みね子の弟。谷田部家の唯一の男児である。

プロフィールの詳細

小祝宗男(峯田和伸)

みね子の叔父。実の弟だが、隣村に養子としてもらわれたため、苗字が違う。

プロフィールの詳細

小祝滋子(南海キャンディーズのしずちゃん)

隣村に住む、宗男の妻。みね子の叔母にあたる。

プロフィールの詳細

奥茨城村の住人

助川時子(佐久間由衣)

みね子の女幼馴染。自他ともに認める美人。

プロフィールの詳細

助川正二(遠山俊哉)

時子の父親。奥茨城村の中では、大きい農家を持つ人物。谷田部家と古くからの付き合い。

プロフィールの詳細

助川君子(羽田美智子)

時子の母親。みね子の母親とも仲が良い。

プロフィールの詳細

助川豊作(渋谷謙人)

時子の兄。奥茨城村青年団の副団長でもある。

プロフィールの詳細

角谷三男(泉澤祐希)

みね子の男幼馴染。時子に片思いをしている。

プロフィールの詳細

角谷征雄(朝倉伸二)

三男の父親。無口で大人しい男性。

プロフィールの詳細

角谷きよ(柴田理恵)

三男の母親。口うるさいが本当は愛情深い。

プロフィールの詳細

角谷太郎(尾上寛之)

三男の兄。奥茨城村青年団団長でもある。

プロフィールの詳細

田神学(津田寛治)

みね子の担任。生徒たちを温かく見守る昭和の先生。

プロフィールの詳細

益子次郎(松尾論)

奥茨城村で、唯一の交通手段であるバスの車掌。みね子たちの送り迎えをしている。

プロフィールの詳細

スポンサーリンク

東京編の人々

綿引正義(竜星涼)

赤坂警察署管内の五丁目派出所に勤務する警察官。

 

地元が茨城県なので、谷田部一家からの捜索を快く受け入れる。

プロフィールの詳細

高島雄大(井之脇海)

乙女寮でコーラスの指導をしてくれる男性。寮長の秋葉幸子と婚約している。

プロフィールの詳細

安部善三(斉藤暁)

日本橋の外れにある『安倍米店』の店主。ガサツだが、裏表のない男性。

プロフィールの詳細

安部さおり(伊藤沙莉)

三男が就職した米屋の娘。無類のパン派で、将来はパン屋を作りたいと考えている。

プロフィールの詳細

石鹸の原田社長(諏訪太朗)

石鹸の工場を持つ事業主。みね子と澄子の雇い主となる。

プロフィールの詳細

川本世津子(菅野美穂)

昭和を代表する女優。みね子と縁ができる。

プロフィールの詳細

テレビ番組の解答者(ラバーガール大水洋介)

みね子たちが視聴していたテレビ番組の解答者。

プロフィールの詳細

松永悠馬(大山真志)

かつて立花富が愛した男性。

 

富に『あかね荘』を与えた人物でもある。

プロフィールの詳細

トランジスタラジオ工場の人々

永井愛子(和久井映見)

乙女寮の舎監。まるで母親のように、谷田部みね子たちの面倒を見てくれる。

プロフィールの詳細

青天目澄子(松本穂香)

トランジスタラジオ工場で働く工員。谷田部みね子の同期で、マイペースな女性。

プロフィールの詳細

兼平豊子(藤野涼子)

勉強はできるが、家庭の事情により進学できずに働く女性。性格の違いにより、青天目澄子とは反りが合わない。

プロフィールの詳細

秋葉幸子(小島藤子)

しっかり者の先輩で、乙女寮の寮長。

プロフィールの詳細

夏井優子(八木優希)

病弱だが、工場では誰よりも仕事ができ、何より慕われている先輩。

プロフィールの詳細

松下明(奥田洋平)

トランジスタラジオ工場の主任だが、気の弱い男性。

プロフィールの詳細

森和夫(陰山泰)

乙女寮の料理人。とくにカレーライスが好評。

プロフィールの詳細

すずふり亭の人々

牧野鈴子(宮本信子)

洋食屋『すずふり亭』のおかみさん。行くあてのない谷田部みね子を拾ってくれる。

プロフィールの詳細

牧野省吾(佐々木蔵之介)

『すずふり亭』の料理長で、父親の味を守り続けている。

 

妻とは生き別れており、娘が1人いる。

プロフィールの詳細

牧野由香(島崎遥香)

牧野省吾の娘。母親が亡くなったことがきっかけで、父親と距離を置くようになる。

プロフィールの詳細

井川元治(やついいちろう)

『すずふり亭』の2番コック。仕事に情熱はないが、涙もろい人情さがある。

プロフィールの詳細

前田秀俊(磯村勇斗)

『すずふり亭』の見習いコック。自分の店を持つという大きな夢がある。

プロフィールの詳細

朝倉高子(佐藤仁美)

『すずふり亭』のホール担当。仕事はできるが、愛想はあまりよくない。

プロフィールの詳細

あかね坂商店街の人々

福田五郎(光石研)

中国料理屋『福翠楼』の店主。仕事には少々、不真面目な男性。

プロフィールの詳細

福田安江(生田智子)

五郎の妻。いつも夫のケツを叩いて働かせている。

プロフィールの詳細

柏木一郎(三宅裕司)

あかね坂商店街にある『柏木堂』の店主であり、陽気なおじさん。

プロフィールの詳細

柏木ヤスハル(古舘佑太郎)

『柏木堂』の息子だが、甘いものが嫌い。

プロフィールの詳細

竹内邦子(白石美帆)

『あかね坂商店街』にあるバー『月時計』の店主。

 

『すずふり亭』の牧野省吾とは幼馴染でもある。

プロフィールの詳細

あかね荘の住人

立花富(白石加代子)→若い頃(藤間爽子)

『あかね荘』の大家。若い頃は、売れっ子の芸者だった。

プロフィールの詳細

島谷純一郎(竹内涼真)

佐賀県で大会社を経営する一家の御曹司であるが、感覚は庶民派の若者。

プロフィールの詳細

久坂早苗(シシドカフカ)

年齢不詳のオフィスレディー。私生活も謎に包まれている。

プロフィールの詳細

坪内祐二(浅香航大)

漫画家を目指している、メガネをかけた青年。しかし、5年たっても芽は出ていない。

プロフィールの詳細

新田啓輔(岡山天音)

坪内祐二と同じ富山県出身の青年。2人でコンビを組んでいる。

プロフィールの詳細

スタッフ

脚本家(岡田恵和)

1964年は、自らの幼少期とリンクしており、『ひよっこ』は思い入れ深い作品と語っている。

プロフィールの詳細

音楽(宮川彬良)

東京ディズニーランドのショーを担当した有名な音楽家。『マツケンサンバⅡ』、アニメ『宇宙戦艦ヤマト』など、代表作は多数。

プロフィールの詳細

チーフ・プロデューサー(菓子浩)

茨城県の魅力を全国に知らせる機会になったことこそ、『ひよっこ』の存在意義だと語る。

プロフィールの詳細

スポンサーリンク

人気記事