連続テレビ小説『ひよっこ』のキャストが発表され、遠山俊也さんがヒロインの女幼馴染の父親『助川正二』役を演じることが決定しました。

 

遠山俊也さんのプロフィールや『助川正二』の役柄を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

遠山俊也のプロフィール

16

『出典:シス・カンパニー

1962年8月31日生まれで、新潟県出身です。

 

1986年に劇団『夢の遊民社』に入団し、役者の道を志します。

 

『夢の遊民社』は1992年に解散した劇団でしたが、からだ全体を使ったダイナミックな演技や巧みな言葉選びの台詞などがうけ、若い世代に支持されていました。

 

遠山俊也さんは、『夢の遊民社』でしっかりと演技の基礎を身に着けました。

 

その後、サスペンスや刑事ドラマを中心に活動されていますが、旬なドラマなどの話題作にも積極的に参加しています。

 

年齢に縛られない演技をドラマ上で表現し続けることができるのは、そんな柔軟性があってこそなのかもしれません。

 

遠山俊也の出演ドラマ

名脇役としても知られる遠山俊也さんは、ジャンルを問わず、多くの作品でその演技を見せてくれます。

 

一部ではありますが、紹介していきます。

 

ドラマ

1996年 君と出逢ってから

1997年 せいぎのみかた

1997年~2012年 踊る大捜査線シリーズ

1998年 めぐり逢い

2000年 合い言葉は勇気

2001年 HERO

2006年~2014年 相棒シリーズ

2009年 外事警察

2011年 遺留捜査

2013年 七つの会議

2013年 リーガル・ハイ

2014年 地獄先生ぬ~べ~

2016年 逃げる女

 

助川正二の役柄

『ひよっこ』で登場する助川正二は、ヒロイン谷田部みね子(有村架純)の幼馴染である助川時子(佐久間由衣)の父親です。

 

奥茨城村に住む住人は、豊かな自然を利用し、農業で家庭を養っていました。

 

助川家は、その中でも大きな農家であり、酪農も手掛けていました。

 

妻である助川君子(羽田美智子)と二人三脚で行ってきましたが、最近では君子の意見に押されがちのようです。

 

仲が良いのは夫婦間だけでなく、谷田部家とも古い付き合いになっています。

 

子供同士だけでなく、親同士も強く結びついており、家族同然のように両家は育ってきました。

 

仕事で手が回らないときは、稲刈りなども手伝っているようです。

 

そんなおっとりとした父親ですが、娘の時子に上京することを告白されます。

 

母親の君子は猛烈に反対するのですが、正二は父親としてどんな判断を下すのでしょうか?

 

スポンサーリンク

まとめ

意外かもしれませんが、遠山俊也さんは朝ドラが初出演となります。

 

父親役は何度も経験がある役どころだと思うので、どんなお父さんのイメージで役作りをするのか、楽しみですね。

 

妻役の羽田美智子さんとの共演で、どんな夫婦を見せてくれるのかも注目です。

 

そんな羽田美智子さんについては、こちらの記事で紹介しています▼

【ひよっこ朝ドラ】キャスト羽田美智子はヒロインの幼馴染の母親『助川君子』役

スポンサーリンク