連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』で出演することが決まっている俳優の泉澤祐希さん。

 

そんな泉澤祐希は、来年公開される映画『君と100回目の恋』に出演します。

 

さらに、坂口健太郎さん、miwaさん、竜星涼さん、泉澤祐希さんが劇中でバンドを結成し、演奏しています。

 

君と100回目の恋とは?あらすじや内容

bando

『出典・公式サイト

2017年2月4日に公開される『君と100回目の恋』は、坂口健太郎さん(写真・右)、miwaさん(白いギター)のダブル主演の映画です。(写真・左 泉澤祐希)

 

漫画や小説が存在しますが、これらは後から制作されることが決まったもので、映画は原作のないオリジナルストーリーとなります。

 

坂口健太郎さんが演じる長谷川陸は、何でも完璧にこなせる青年でした。

 

miwaさんが演じる日向葵海は、そんな幼馴染を尊敬していました。

 

ところが、それには秘密があったのです。

 

実は、陸は時間を巻き戻すことができるレコードを持っていました。

 

陸には未來が見えていたのです。

 

葵海と一緒に1年前まで遡り、2人は周囲が羨むカップルとして人生をやり直していました。

 

ただ、陸が時間を巻き戻そうとするのは、幼馴染のままだった葵海に想いを告げることが目的ではありませんでした。

 

2人で過去に戻る前・・・。4人で結成したバンドのライブの日に、葵海は交通事故に遭っていました。

 

何度やり直しても、その事実だけは変わらなかったのです。

 

陸にとって、葵海と一緒にタイプスリップするのは最後の賭けでした。

 

果たして、陸は葵海の運命を変えることができるのか?

 

君と100回目の恋の結末はいかに・・・。

 

『アイオクリ』が配信スタート

劇中で登場するバンド『The STROBOSCORP』(ストロボスコープ)が歌う『アイオクリ』が配信されています。

 

『アイオクリ』は、未來を変えるために陸と葵海が2人で完成させた曲です。

 

ベースは松田直哉(竜星涼)、ドラムが中村鉄太(泉澤祐希)が担当しており、劇中では4人がフルバージョンを演奏しています。

 

物語のキーとして使われるだけあって、慎重に制作されていたようです。

 

例えば、この『アイオクリ』は陸と葵海が共同で作り上げていった作品なので、miwaさん1人で作るのではなく、もう1人が制作に関わる必要があると考えたのです。

 

映画の首脳陣が満場一致で、バンド『androp』の内澤崇仁さんを選びました。

 

期待に応えた形で、miwaさんの歌詞に合う美しいメロディーを生み出しました。

 

ちなみに、『アイオクリ』のタイトルを名付けたのは内澤崇仁さんです。

 

陸(リク)と葵海(アオイ)の名前を組み合わせた素敵な曲名となっています。

 

スポンサーリンク

まとめ

泉澤祐希さんはドラマーとして、劇中のバンド『The STROBOSCORP』の曲を盛り上げています。

 

力強いドラムさばきが見たい方は、ぜひ劇場に足を運んでみてください。

 

そんな泉澤祐希さんは、4月から連続テレビ小説『ひよっこ』にも角谷三男役で出演しています▼

【ひよっこ朝ドラ】泉澤祐希はヒロインの幼馴染『角谷三男』役で登場

 

こちらの作品も、ぜひチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク