連続テレビ小説『ひよっこ』は2017年4月から放送されるドラマですが、すでに撮影は始まっています。

 

『ひよっこ』の序盤は故郷編となり、ヒロイン谷田部みね子が生まれ育った奥茨城村が舞台となります。

 

そこで盛り上げるであろうエピソードを紹介します。

 

スポンサーリンク

奥茨城村のリレー大会

『出典:オリコン

運動会なのか、リレーのみの大会なのかは分かりませんが、故郷編ではリレーのシーンが登場します。

 

もしかすると、奥茨城村は小さい村なので、あちこちの村から集まった男子高校生たちで行われるのかもしれません。

 

他に娯楽もないと思いますので、村人たちが総出となって応援しに来るはずです。

 

リレーの撮影は大子町、常陸太田

実際の撮影場所は、茨城県大子町と常陸太田で行われたようです。

 

実は、11月にエキストラの募集があり、一般の方も数多くロケ地に向かったようです。

 

老若男女合わせて約210人がリレーの観客として、20人が男子高校生として実際に走ったようです。

 

この大掛かりなエキストラの数から推測すると、故郷編でもっとも盛り上がるのはリレー大会であることが分かります。

 

リレー大会は、角谷三男の見せ場?

では、何故このようなリレー大会が必要となるのでしょうか?

 

そう考えて登場人物たちを確認してみると、角谷三男役の泉澤祐希さんが村の高校生役としてドラマに出演することが分かります。

 

つまり、このリレー大会は角谷三男の見せ場である可能性が非常に高いです。

 

もしかすると、奥茨城村ではリレー大会に勝つと、年男のような扱いを受けるのかもしれません。

 

では、角谷三男がそうまでして1位になりたい理由とはなんでしょうか?

 

それは、間違いなく片思いをしている助川時子役の佐久間由衣さんに格好良いところを見せたいためでしょう。

 

1位になったら、告白する気なのかもしれません。

 

しかし、それだと物語が進まなくなりそうなので、2位か3位ぐらいになってしまう可能性がありそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

谷田部みね子(有村架純)と助川時子(佐久間由衣)は、リレーの応援をしていると予想されますが、果たして角谷三男の恋は実るのでしょうか?

 

もちろん、3人とはまったく関係のないリレー大会の可能性もあります。

 

ただ1つだけ確かなことは、故郷編の見せ場としてリレー大会が使われるということです。

 

故郷編がヒロインたちの未来にどのように影響していくのか、今から楽しみです。

 

朝ドラ『ひよっこ』の放送は、4月3日からとなります。

 

注目トピック

『ひよっこ』東京編のエキストラ募集は東京タワー、オリンピック観客か?

泉澤祐希も出演する『君と100回目の恋』が面白そうと話題に

スポンサーリンク