朝ドラ『ひよっこ』の追加キャストが発表され、『東京編』に出演する俳優たちが紹介されました。

 

その中で、一際目を引く俳優さんがいました。

 

若手俳優として人気急上昇中の龍星涼さんです。

 

スポンサーリンク

龍星涼のプロフィール

『出典・研音公式サイト

龍星涼さん、1993年生まれで東京都出身(生まれは山形県)の俳優さんです。

 

その知名度をあげた作品といえば、『獣電戦隊キョウリュウジャー』で主演を務めたことがきっかけとなります。

 

もちろん、リーダーの赤色『キョウリュウレッド』を演じていました。

 

その後は『お迎えデス。』『THE LAST COP』などの有名ドラマに出演し、最近では『君と100回目の恋』にもバンドメンバーで登場しています。

 

『君と100回目の恋』は、2月4日から上映となります。

 

綿引正義とは?

龍星涼さんが演じるのは、赤坂警察署管内の五丁目派出所に勤務する警察官です。

 

しかも、出身が茨城県という設定となります。

 

茨城県といえば、ヒロインの谷田部みね子(有村架純)が住んでいる村でもあります。

 

その母親である谷田部美代子(木村佳乃)が夫の捜索願を出しており、同郷の理由から親身になって捜索の手伝いをしてくれるようです。

 

イケメン枠でヒロインの相手役になるか?

最近の朝ドラでは、ロス現象というものがあるのをご存知でしょうか?

 

イケメン俳優が朝ドラに参加するも、病気や転勤などを理由に登場しなくなると、視聴者から別れを惜しむ声が高まることです。

 

その言葉を最初に作ったのは、ディーンフジオカさんとなります。

 

五代ロスという言葉が誕生したほど、ディーンフジオカさんが演じた五代才助は人気がありました。

 

『とと姉ちゃん』では、坂口健太郎さんがイケメン枠で登場しています。

 

恋が叶わず、ヒロインの常子(高畑充希)のもとを離れるときは、やはりロス現象が起こっていました。

 

『べっぴんさん』では、岩佐栄輔役の松下優也さんもその1人として数えられています。

 

このように、イケメン枠の俳優が登場すると、朝ドラではロス現象が起こるほど人気が上昇するようです。

 

今回は、龍星涼さんがその役を演じるかもしれません。

 

ドラマ内の出身地も同じということで、谷田部みね子(有村架純)と恋仲になる可能性も浮上しているのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

『東京編』の追加メンバーの中で、かなり注目度が高い俳優さんとなっています。

 

役名に『正義』が入っているので、昭和男児らしい熱血漢溢れるキャラクターかもしれません。

 

ヒロイン谷田部みね子と、どう関わっていくのかも気になるところですね。

 

朝ドラ『ひよっこ』は、4月3日に放送スタートです。

 

注目トピック

【松本穂香】ひよっこキャストに有村架純の妹分が『青天目澄子』役として出演!プロフィールは?

【宮本信子】洋食屋『すずふり亭』のおかみさん役『牧野鈴子』で出演!プロフィールは?

スポンサーリンク