朝ドラ『ひよっこ』では、ちょい役であるサブキャラクターたちも多く登場します。

 

そして、1番インパクトがあったのは『しずちゃん』だったようです。

 

スポンサーリンク

化学の藤井先生(原扶貴子)

『出典・ひよっこ公式サイト(登場人物)

 

原扶貴子さんが演じたのは、化学の先生です。

 

オリンピックで使われるトーチの仕組みを、みね子たちに教えた人物でもあります。

 

登場回数は少なかったですが、奥茨城村で行われたリレーは重要なシーンでした。

 

体育の木脇先生(増田明美)

『出典・ひよっこ公式サイト(登場人物)』

 

増田明美さんは、語り(ナレーション)も担当している方です。

 

物語にも登場するとは、思いませんでしたね。

 

マラソンの選手だったこともあり、登場人物たちに走り方を指導していました。

 

村長(久保晶)

『出典・ひよっこ公式サイト(登場人物)』

 

久保晶さんが演じた村長は、まさにその職業に相応しい出で立ちですね。

 

髭を生やすことが一般的だった時代もあるので、昭和だと本当にいたのかもしれませんね。

 

澄子のおばあちゃん(大方斐紗子)

『出典・ひよっこ公式サイト(登場人物)』

 

優しいおばあちゃんを演じてくれたのは、大方斐紗子さんです。

 

澄子(松本穂香)が会いたくなる気持ちも分かりますね。

 

今のところ、たった1回しか登場していないのが残念です。(しかも回想シーン)

 

再び登場することを期待しましょう。

 

小祝滋子(しずちゃん)

『出典・ひよっこ公式サイト(登場人物)』

 

そして、もっともインパクトがあったと話題だったのが、南海キャンディーズのしずちゃんでした。

 

映ったのは、ほんの数秒だけということもあり、惜しむ声が多いキャラクターでした。

 

旦那である宗男(峯田和伸)との夫婦の会話も未だ聞けていないので、再登場して欲しいものですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

サブキャラクターたちは、今後も多く出てくるでしょう。

 

もしかすると、人気アイドルが出る可能性もあると思います。

 

ちょい役も見逃さず、『ひよっこ』を視聴してみましょう。

 

注目トピック

岡山天音がひよっこの新田啓輔で出演!本名やドラマプロフィールを紹介

浅香航大がひよっこの坪内祐二(漫画家)で出演!マッサンやカノ嘘のドラマで活躍

【シシドカフカ】ひよっこの久坂早苗で出演!前髪が特徴的なドラム演奏者の本名は?

白石美帆がひよっこの竹内邦子で出演!旦那に手料理を振る舞う可愛い奥さん

生田智子が福田安江役で出演!若い頃からドラマで活躍する女優のプロフィール

スポンサーリンク