朝ドラ『ひよっこ』で、俳優の渋谷謙人さんが出演することが分かりました。

 

役柄は、助川時子(佐久間由衣)の兄『助川豊作』です。

 

スポンサーリンク

渋谷謙人のプロフィール

『出典・ケイファクトリー公式サイト

渋谷謙人さん、1988年生まれで神奈川県出身です。

 

特技はサッカーで、かつて東京ヴェルディのジュニアユースに所属していた実力を持つ本格派スポーツマンです。

 

そんな渋谷謙人さんは、子役としても活躍していました。

 

8歳でデビューし、2002年に放送されたドラマ愛の詩『どっちがどっち』で初主演となります。

 

しかも、その役は男女の心が入れ替わるという難しい役でした。

 

しかし、渋谷謙人さんは異性の感情を見事に表現し、その演技力が評価されました。

 

現在も俳優として活動し、朝ドラ『まれ・スピンオフ後編』(2015年)、HNKドラマ『運命に、似た恋』(2016年)などに出演しています。

 

子役から舞台俳優へ

ドラマ『どっちがどっち』など、子役として活躍してきた渋谷謙人さん。

 

イギリス映画を舞台にした『ヒステリーボーイズ』に出演するなど、舞台俳優としても活躍の場を広げています。

 

まさに、今後の活躍が楽しみな俳優さんといえるでしょう。

 

助川豊作とは?

助川豊作とは、助川時子(佐久間由衣)の兄です。

 

時子は、ヒロイン谷田部みね子(有村架純)の親友です。

 

みね子とそれほど接点はありませんが、時子の良き兄として登場します。

 

助川豊作は気の強い男性であり、奥茨城村青年団副団長を務めています。

 

にも関わらず、文学に精通しており、学生時代は作家志望だったようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

助川時子は、女優を夢見ています。

 

母親の君子(羽田美智子)は、娘の将来を考えて反対します。

 

ただ、兄の豊作は作家の道を諦めた立場となります。

 

もしかすると、時子の夢を応援する側になるかもしれません。

 

どうなるかは、ぜひ朝ドラ『ひよっこ』で確認してみてください。

 

朝ドラ『ひよっこ』は、4月3日に放送スタートです。

 

注目トピック

陰山泰乙が女寮の料理人『森和夫』役で出演決定!声優経験もある俳優プロフィールを紹介

奥田洋平がトランジスタラジオ工場の主任『松下明』で登場!俳優プロフィールも紹介

井之脇海がコーラスの先生『高島雄大』で出演!ごちそうさんの俳優はピアノも弾ける

スポンサーリンク