女優の伊藤沙莉さんが朝ドラ『ひよっこ』に出演しています。

 

役柄は、米屋の娘の安部さおりです。

 

かなり個性的な性格の役となります。

 

伊藤沙莉さんは出演してきたドラマでも、癖のある役が多いようです。

 

スポンサーリンク

ドラマでは癖のある役が多い

『出典・伊藤沙莉公式ツイッター

伊藤沙莉さんは、1994年生まれであり、『ひよっこ』には23歳で出演しています。

 

しかし、子役から女優として活動しており、すでに14年の芸歴があります。

 

そんな伊藤沙莉さんですが、ドラマでは癖がある役が多いです。

 

『女王の教室』や『GTO』、『怪盗 山猫』でも分かる通り、やはり『いじめ役』が印象的な女優と言えます。

 

視聴者の感情を揺さぶる内容がほとんどですが、逆にいえば、それぐらい演技力の高い女優であると認められています。

 

だからこそ、ガールズラブを描いた『トランジェットガールズ』のキスシーンなどでは、今まで見られなかった女性らしい繊細な演技を披露し、話題となっています。

 

ちなみに、『トランジェットガールズ』の相手役(W主演)は、助川時子を演じている佐久間由衣さんです。

 

安部さおり(米屋の娘)の役柄

伊藤沙莉さんは『ひよっこ』で、米屋の娘・安倍さおりとして出演しています。

 

この安倍さおりもまた、一癖ある役となります。

 

米屋として生まれたにも関わらず、無類のパン好きです。

 

父親と仲が悪いせいもあり、将来は米屋を潰してパン屋にする夢まで持っています。

 

この米屋に就職した角谷三男(泉澤祐希)は、雇い主の安部善三(斉藤暁)には「米派か?」と聞かれ、娘のさおりには『パン派でしょ?』と聞かれる毎日となっています。

 

安倍さおりの存在は、『ひよっこ』の世界観を面白くしてくれそうですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

三男は、助川時子(佐久間由衣)のことが好きです。

 

しかし、近くには伊藤沙莉さんが演じる安倍さおりという女性がいます。

 

もしかすると、三男の気持ちが変わるかもしれません。

 

その理由としては、『ひよっこ』のあらすじに『3人(みね子、時子、三男)は東京へ行っても友情が続く』と書かれていたからです。

 

もちろん、どうなるかは分かりませんが、安倍さおりの存在も見逃せないことは確かでしょう。

 

注目トピック

白石加代子が立花富(大家)で出演!朗読の百物語が凄い大女優のプロフィール

島崎遥香が牧野由香(省吾の娘)で出演!AKB卒業後は女優業の演技力に注目

竹内涼真が島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎が柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

スポンサーリンク