連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』では、1964年代を取り上げた作品です。

 

1964年といえば、東京オリンピックが開催された年です。

 

ただ、オリンピックを開催するということは、多くの国々を招致することを意味しますので、莫大な予算が必要となってきます。

 

現在の東京オリンピック2020で、競技会場の予算が問題にあがっているのはそのためです。

 

では、それに見合う経済効果はオリンピックにあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

東京オリンピックの経済効果『インフラ整備』

borantelia

『出典・東京オリンピック公式サイト

『インフラ整備』という言葉をご存じでしょうか?

 

オリンピックの招致が決定して、喜んでいるだけではいけません。

 

ちゃんと、参加国を受け入れるために道路や乗り物、施設を整備する必要があるのです。

 

東京オリンピック2020で例えると、あと数年のうちにすべてを整備しなければなりません。

 

そこで、たくさんの人手が必要なわけです。

 

雇用者を多く雇う必要があるため、それに見合う給与も発生します。

 

そして、雇用者が給与を消費することで、日本全体に経済効果がもたらされるのです。

 

これを『インフラ整備』と言います。

 

東京オリンピックの経済効果『オリンピックのグッズ販売』

オリンピックが開催されれば、それに関連したグッズが販売されます。

 

そこで未来のエースが誕生すれば、その選手のグッズも売れるようになるでしょう。

 

このように、グッズの売り上げだけでもかなりの経済効果が発生します。

 

また、オリンピックが招致されたことにより、売れていくものもあります。

 

例えば、テレビです。

 

未だにデジタルではない人は、これを機に新しいテレビを購入するかもしれません。

 

熱狂的な方は、オリンピックを見るために東京へ訪れたり、引っ越すかもしれません。

 

このように、オリンピックの開催が決定したことにより、あらゆる関連商品が売れていくのです。

 

東京オリンピックの経済効果『外国の観光客』

日本の経済は、ここに助けられているといっても過言ではないかもしれません。

 

日本の分化や最先端技術は、徐々に世界から注目を浴び始めています。(俗にいうクールジャパン)

 

オリンピックを観に来る外国人たちが競技だけを見て、手ぶらで帰るわけがありません。

 

日本の食や文化を堪能していってくれます。

 

さらに、東京オリンピック2020が成功を収めて世界にアピールできれば、その後も観光客の増加が見込めるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

1964年に行われた東京オリンピックは、予算をコンパクトに収めたこともあり、日本に多大な経済効果をもたらしたと言われています。

 

世界もそれに注目し、自国にも経済効果をもたらすために、招致に力を入れ始めたきっかけになったモデルケースなのです。

 

にも関わらず、現在の東京オリンピックは予算の問題が未だに解決していません。

 

日本が先進国として発展し過ぎてしまったせいで、金銭の感覚がおかしくなっているのかもしれません。

 

今こそ原点に帰り、1964年の東京オリンピックの良さを知る必要があるでしょう。

 

朝ドラ『ひよっこ』は、そんな1964年を題材にした作品です。これ以上に参考となる資料はないかもしれません▼

【ひよっこ朝ドラ】あらすじや放送日は?『ひよっこ』の意味は?

 

注目トピック

【東京オリンピック2020】野球、スケートボード、サーフィンなどの競技が種目に追加される

東京オリンピック1964年と2020年の違いを調査

スポンサーリンク