和久井映見さんが朝ドラ『ひよっこ』で、舎監役の永井愛子を演じることになりました。

 

ドラマの役柄と和久井映見さんのプロフィールを紹介します。

 

スポンサーリンク

和久井映見のプロフィール

『出典・アルファエージェンシー公式サイト

和久井映見さん、1970年生まれで神奈川県出身の女優さんです。

 

1997年までは、11作品もアルバムを発表している歌手でもありました。

 

1990年代は女優としてもっとも注目を浴びており、数々のドラマに主演で参加していました。

 

中でも、月9『ピュア』が代表作であり、相手役の堤真一さんは民放連続ドラマ初出演作でもありました。

 

『ピュア』は平均視聴率23.5%を記録した作品であり、Mr.Childrenが手掛けた主題歌『名もなき詩』は230万枚も売り上げるミリオンセラーとなっています。

 

舎監役の永井愛子とは?

和久井映見さんは朝ドラ『ひよっこ』で演じるのは、舎監役の永井愛子という女性です。

 

昭和の時代、集団就職でたくさんの未成年たちが東京へやってきました。

 

ほとんどが寮暮らしとなりますが、そこに舎監という寮の監督がつくことが当たり前でした。

 

ヒロイン谷田部みね子(有村架純)がやってくる向島電機の『乙女寮』には、永井愛子が舎監として勤務していました。

 

かつては工場で働いていた女性なので、谷田部みね子たちの仕事の悩みを理解している大人でもあるのです。

 

故郷から離れて仕事をしている未成年たちにとって、永井愛子は先生というよりも母親のような存在となっていくのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

永井愛子は、戦争で恋人を亡くしている女性でもあります。

 

今なお独身を守っているようですが、それも『ひよっこ』の物語にどう影響をもたらすのか気になります。

 

和久井映見さんが永井愛子をどんなキャラクターとして演じるのか、非常に楽しみですね。

 

朝ドラ『ひよっこ』は、4月3日から放送スタートです。

 

注目トピック

【磯村勇斗】前田秀俊のひよっこキャストで出演!まれや仮面ライダーゴーストで人気になった俳優の演技力は?

【佐藤仁美】朝倉高子のひよっこキャストで出演!歌もうまい女優の出演ドラマを紹介

スポンサーリンク