倉本聰さんが脚本を手掛けた新しい帯ドラマ『やすらぎの郷』。

 

4月3日から放送するという、『ひよっこ』を意識した放送日となっていました。

 

ところが、いざ蓋を開けてみると時間帯は朝ドラとは被せず、昼ドラとなっています。

 

スポンサーリンク

シニア世代を意識した帯ドラマ

『出典・やすらぎの郷公式サイト

『やすらぎの郷』は、シニア世代を意識した作品であり、メディアにはシルバー帯と呼ばれていました。

 

内容は、老人ホームで起こる人間模様であり、シニア世代の共感を呼びやすくなっています。

 

そして、情報公開の当時には「朝早くに放送したい」と紹介されていました。

 

シニア層の視聴者を狙っているため、朝の時間帯が良いと考えたからです。

 

携わっているスタッフたちも、そのように調整していると発表しています。

 

なので、同日に放送される朝ドラ『ひよっこ』のライバルとして立ちふさがると予想されていました。

 

ところが、『やすらぎの郷』の放送時間は12時00分~12時20分であり、どちらかというと昼ドラになっています

 

BSでは7時40分~8時00分となっていますが、シニア世代がBSを使っているとは考えにくいです

 

ひよっこの人気が影響か?

そう考えると、やはり『ひよっこ』の人気を無視できなくなった可能性があります。

 

ヒロイン有村架純さん、主題歌は桑田佳祐さん、物語は現在も話題に尽きないオリンピックの内容・・・これだけあれば、意識をせずにはいられません。

 

朝ドラから視聴者を奪うやり方よりも、その流れを昼にも呼び込んで視聴してもらう戦略に変更したようです。

 

言い換えるなら、『ひよっこ』はテレビ業界でも注目されている作品といえるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

もちろん、本当のところは分かりません。

 

最初から、昼の帯を確保していた作品だった可能性もあります。

 

どちらであれ、朝ドラ『ひよっこ』の人気が上昇しやすい環境は整ったということです。

 

話題必須の『ひよっこ』は朝8時から放送です、お楽しみに。

 

注目トピック

ひよっこ第1週1話の感想あらすじ!みね子が進の運動靴を破壊?オープニングがすごい

奥田惠和がひよっこ朝ドラの秘話をインタビューで語る!一話入魂とは?

【ひよっこ朝ドラ】エイプリルフールだから嘘か本当か分からない情報を挙げていく

ひよっこの動くポスターが渋谷駅の地下鉄に登場!有村架純がタマゴから生まれる

スポンサーリンク