連続テレビ小説『ひよっこ』では、東京編で美味しい洋食屋が登場します。

 

その洋食屋は、ヒロイン谷田部みね子(有村架純)の父親である谷田部実(沢村一樹)が通っていたお店です。

 

物語の後半では、谷田部みね子が職を探し歩いてたどり着いた場所でもあり、『ひよっこ』の重要なシーンとなります。

 

一体どんな洋食屋がモデルとなっているのか、考察していきます。

 

スポンサーリンク

洋食屋のモデル予想

『むさしや』

『出典・食べログ

『むさしや』は、新橋駅から徒歩1分の老舗洋食店です。創業は昭和18年となります。

 

人気商品は、昔ながらのナポリタンで、安価で食べられるのも魅力です。

 

ただし、わずか7席しかないなので、昼時間は並ぶしかないようです。

 

ナポリタンは日本発祥の洋食なので、『ひよっこ』の世界にも取り入れられそうです。

 

場所は、東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル1Fです。

 

平日は10:30~20:00までですが、土曜は11:00~15:00の昼時間しかありません。

 

また、定休日が日曜、祝日となりますので、食べにいくなら平日がねらい目となります。

 

『レストランあづま』

『出典・食べログ

『レストランあづま』は、地元から40年間愛され続けている老舗洋食店です。

 

オムライスやハンバーグは、昔と変わらぬ美味しさで提供されているようです。

 

新規よりも、ほとんどリピーターの割合が多いみたいです。

 

洋食屋のハンバーグはてっぱんと言っていいほどの人気商品ですので、『ひよっこ』の洋食屋でも登場すること間違いなしでしょう。

 

『レストランあづま』の場所は、東京都中央区銀座6-7-6西大ビル1Fです。

 

席は、45席あるようなので、宴会でも利用できるようです。

 

月曜~土曜は11:30~22:00までですが、日曜と祝日は30分早い11:30~21:30で閉店しますのでお間違いなく。

 

たいめいけん

『出典・食べログ

『たいめいけん』は昭和6年創業であり、老舗の中の老舗といっても過言ではない洋食屋です。

 

カレーライスも美味しいですが、なんといってもオムライスが有名です。

 

たんぽぽオムライスと呼ばれる、パカッと卵が割れるふわふわのオムライスを堪能することができます。

 

オムライスは様々なドラマでも取り扱われている人気商品なので、『ひよっこ』の洋食屋でも使われる可能性大です。

 

『たいめいけん』は、月~土の開店は11:00~21:00ですが、日曜、祝日は30分早く閉店します。

 

スポンサーリンク

まとめ

やはり、昭和から愛されている洋食といえば、オムライス、カレーライス、ハンバーグ、ナポリタンでしょう。

 

ただ、朝ドラのタイトルが『ひよっこ』なので、オムライスが人気の『洋食屋』である可能性が最も高いと思われます。

 

となると、『たいめいけん』が『ひよっこ』に登場する洋食屋のモデルになるかもしれません。

 

一体、どんな洋食が朝ドラに登場するのか、今から楽しみですね。

 

連続テレビ小説『ひよっこ』は、2017年4月3日から放送スタートです。

 

注目トピック

谷田部実の失踪は事故か、女か?

助川時子は東京編で女優の夢を叶える?

スポンサーリンク